PLUSSO利用者の声に迫りました!

おすすめの投資スタイルは『スイングトレード』

<p>波乗り</p>株式投資の一般的なスタイルといえば、数ヶ月以上持ち続ける中長期保有になりますが、現在の相場環境を勘案すると中長期ではなかなか資産を増やせる状況ではないよう感じます。

とはいえ、一日中パソコンの画面をにらみ、刻々と変わる株価との格闘を強いられるデイトレードをお勧めしたいわけではありません。デイトレはサラリーマンには難しいですし、現実的ではありません。

しかし、『スイングトレード』であれば、数日からせいぜい2~3週間で取引を終了する短期トレードなので可能です。相場のトレンドに乗る手法であるため、トレンドが継続するかぎり保有するスタンスです。場合によっては、4~5週間の保有ということもあります。

もし、株は中長期で持ち続けるものだとか、株はバリュー投資に限るとか、そのような考えがあるなら残念ながらこの話はお役にたちません。しかし、この際に考えを切り替えて、新たな可能性を検討してみるもの良いでしょう。

そもそも株というのは、上昇トレンド中においても、下落したりもみ合ったりしながら波を作って上昇していきます。その波にうまく乗るのがスイングトレードです。従って、調整やもみ合いの局面では保有せずに一旦手仕舞いします。

そして、その資金を上昇しいてる他の銘柄に移すのです。時間も大切な財産ですから、無駄にしてはいけません。上手に乗り換えることで、資金効率もアップしますし、何よりもここにスイングトレードの醍醐味があるといえるでしょう。

また、株式投資において「テクニカル分析」を重視すべきか、それとも「ファンダメンタル分析」を重視すべきか、という問題があります。しかし、これはどりらも両方使うというのが正解でしょう。いずれかだけでは現在の相場で生き残れません。

ただし、短期トレードを前提にすると、テクニカル分析により優位性があり良い結果を得らえることが多くなるといえます。このテクニカル分析とは、正確には「チャート分析」といったほうが適切かもしれません。

では、なぜチャート分析が重要なのか?それは、エントリーや手仕舞いのタイミングを見極めるためです。短期的な株価は業績ではなく“需給”で決まります。つまり、チャートを見れば、明日の値動きの予想がつきやすいのです。

というわけで、ここでは短期トレンドの波にうまく乗っていく『スイングトレード』をおすすめしていますが、株式会社PLUSSO(プラッソ)が運営するVIP投資顧問では、こうした『スイングトレード』を行うに適した銘柄の推奨も行っているため、参考にしてみるのも良いでしょう。