PLUSSO利用者の声に迫りました!

代表が執筆する株コラムがボリューム満点!!

<p>代表執筆のコラム</p>
無料コンテンツが豊富ですが、そのなかでも今回と特筆するのは代表の久永(元日興証券支店長)が執筆する株コラム「儲けの裏側」です。金融業界を長年に渡り練り歩いて来た人物が書いているコラムだけに、非常に見ごたえのある内容になってると言って良いでしょう。

見ごたえのあるコラムと見ごたえのないコラムの違いはなんでしょうか?文字数ばかり多くて内容が薄いなんてコラムを時より見かけたりもしますが、儲けの裏側はマクロ面からミクロ面まで、相場動向に深く切り込んでいることに加え、今後の物色対象など、注目されそうなテーマ株についても細かく言及しているため、ためになる情報が満載です。

ここにコラムの内容をそのまま記載すると問題があるため、一部マスクをしていますが、コラムで触れている今後の物色対象に関する箇所は下記のとおりになります。

◆※※関連
再三当コラムでお伝えしている通り、2019年は次世代※※規格「※※」の商用化が本格的にする年。いよいよ国内※※※※※※が夏頃を目途にプレサービスを開始します。※※では※※運転、※※※(※※のインターネット化)によって作られる、※※※※シティや※※※※ファクトリーなど新しい社会システムを支える基盤技術として注目されています。その他にも、高精細※※※※や※※※※コンテンツなどの大容量コンテンツも、現行の※※※※よりも大幅な高速通信化によって、短時間での読込が可能になります。
その商用本格化にともない、※※計測器(※※ソリューション)、※※通信機器(先進※※アンテナ製品)、周波部品、その他※※のサービスとして有力視されている※※の※※操作、※※※※等など“地方の人手不足”といった社会問題に絡んだ※※関連銘柄の収益貢献も本格的に始まることが予想されます。

◆ ※※(※※※※)関連
※※※※は、※※の使う自然※※を※※したり、※※から※※したものから※※的な※※を行うことができるコンピュータプログラムなどのことですが、既に※※は目に見えないところで、様々な製品やサービスの中で活躍中しています。
※※であれば、※※判断やクレジットカードの※※※※チェック、投資環境ではアルゴリズムを用いた自動※※システムなどにも使われ始めています。
また、※※会社では※※社員の※※リスクを予測したり、※※会社では※※の量を予測したりといったところで活躍中です。
そして遠くない将来、今誰もが仕事で当たり前に使っているマイクロソフトの※※※※に※※が取って代わる時代がくると言う人もいます。2019年以降は、より多くの人々が※※を身近なものとして認識するようになることで、様々なビジネスチャンスが開拓されていくことになるでしょう。

◆※※※※※※※決済関連
※※が予定通り、2019年※※月※日に※※※を※※から※※※へ引き上げるのに伴い、※※後の※費の落ち込みを緩和する対策案として、中小小売店での※※購入時に※レ※ッ※カー※などのキ※ッ※ュ※ス決済を使った※※者に対し、※※※※を還元する施策を打ち出しており、これを機に、投資家の間ではキ※ッ※ュ※ス後進国と呼ばれる日本でもキ※ッ※ュ※ス化が一気に加速する期待が高まっています。
キ※ッ※ュ※ス決済には、事前払いの電子※※ー、即時払いの※※ット、後払いの※レ※ッ※カー※の3種類がありますが、私の周りでも現金はあまり持たず、少額の※※いなら電子※※ー、多額の※※いは※レ※ッ※カー※と使い分けている人は非常に多いです。
そういった※※者にとっては、キ※ッ※ュ※ス決済しただけでポイントがたまるメリットは大きく、現在まだ現金主義の消費者も、キ※ッ※ュ※ス決済へのシフトすることが予想されます。
ただこのキ※ッ※ュ※ス決済では、中小の小売店と、大手コンビニチェーン、大手小売店で還元率に格差が生じるため、特に現時点で還元対象外とされている大手小売業社などは、政府支援ではない独自のポイント還元策(実費)などで対策するしかなく、消費落ち込みの打撃を受ける可能性がありますので、この点は注意した銘柄選びが必要です。

このように、コラムは無料でも見ごたえのある充実の内容になっているため、熟読して取組の参考にしてみてはいかがでしょうか。