AMオンライン利用者の声に迫りました!

投資顧問を見極めるときのポイントとは

投資顧問を見極めるときのポイントについて説明する男性株や債券の運用をしている投資家にとって、どのように投資をすれば利益を得ることができるのかということは常に頭を悩ます問題です。
そこで参考にしたいのは投資顧問の助言です。投資のプロが売買されている銘柄を分析して、売り時・買い時を教えてくます。
専門的なトレードテクニックを使って、より高度な投資を行うようにサポートをしてくれるので、同じ銘柄を売買するにしても何も考えないときとは効果が違います。
そういったメリットを持つ投資顧問ですが、考えなければいけないのは信頼して良いのかということです。
看板は同じでも、情報収集力、分析力などには、違いはあるはずです。もしも、大した能力のない会社の助言を採用してしまえば大きな損失に繋がります。
だからこそ、投資顧問を決める前に信頼できるかを選定しておくことが大切なのです。
ポイントとなることは、いくつかあります。
第一に担当するアナリストは親切に対応をしてくれるのかということです。普通に利用するときもそうですが市場はいついかなる変動が起きるかわかりません。
そのようなときに、慌てず丁寧にサポートをしてくれるならば、損失が拡大することを防げます。
それにわからないことがある時に、アナリストとの信頼関係を築くことが出来なければわからないままで終わってしまいます。大金を動かしているのですから、それでは後になって問題が生じるかもしれません。
それから、法的に信用できるのかということも大事です。投資について助言ができるのは投資顧問だけで、認可もないのにそのようなことをすれば違法行為となります。
認可を受けた業者には財務局に登録して金商番号がもらえます。これは会社のサイトに金商番号が掲載されているかを調べればわかります。
例えばAMオンラインであれば会社概要に金商番号が掲載されています。しかし万が一、認可も受けていないのに偽の金商番号を掲載している可能性も考えてダブルチェックは必要です。
金融庁のホームページにて免許・許可登録等を受けている一覧があるので、その中の登録投資法人に会社があるのかを見れば確認できます。
もちろん登録されているから、良い助言をしてくれるとは限らないので、最終的に判断するのは投資家本人の意思です。
それからどのような投資スタイルを望むのかも大切です。投資は短期間で利益をあげたいと考える人もいれば、長期間で利益をあげればよいと考える人もいます。
これと同様に投資顧問も短期の投資を得意とする会社、長期の投資を得意とする会社があるので、要望と得意分野のマッチングをしなければ上手に売買が出来ませんので投資スタイルはしっかり確認しておきましょう。