PLUSSO利用者の声に迫りました!

PLUSSOは投資に関する助言や情報提供を行っている企業で、いわゆる投資顧問業に該当します。
2018年に社名変更を行っていますが前身時代から換算すると6年間以上、投資助言業者としてサービス配信をしており、金融庁への登録もすませており、金商番号も取得している正規業者となります。
このように投資家への適切な情報提供とサポートを行っているPLUSSOですが、口コミをはじめとしたネット上の評判や会社としての特徴は、具体的にどのようなものなのかを紹介していきます。

PLUSSOに対する利用者からのネットでの評判

まずはPLUSSOについての評判をネットなどを中心に取り上げてみましょう。2chなどの掲示板には、実際に利用した投資家の感想などが書き込まれることがある反面、情報操作のために作為的な自作自演書き込みが存在する場合も多く、ネット上の評判として広まっていることがあります。
2018年時点では2chなどの巨大掲示板に評判が書き込まれることは少ないようですが、投資関連のポータル的なサイト上においては、PLUSSOが提供している「VIP投資顧問」についての批評が数多く見受けられます。
賛否両論があるのは当然かもしれませんが、ここ数年では偏った悪い口コミが見受けらえる現象がおきています。
また、その反面推奨銘柄を購入してすぐに値上がりが発生したという情報、テクニカル分析について全くの素人だったため助言が参考になったという口コミなど高評価の声もあるのですが、あまりにも意見が二分し過ぎていてどちらが真実なのかよくわかりません。
<p>PLUSSOの2chでの評判をネットで確認する女性</p> 2chなどインターネット上の掲示板では、ユーザーの生の声が出やすいことが特徴ですが、顔が見えず匿名性があるからといってデタラメを書き込む人も多いです。
無責任な発言をしたとしても、身元が分かりづらいため責任意識が薄いというのもネット掲示板等利用者の特徴です。よって、全てを鵜呑みにすることはできないですし、情報の精査という作業は必要なのですが、少なからずユーザーから信頼を獲得していなければ、良い評判は書き込まれません。
実際、どんな業種であっても好評よりも悪評のほうが広まりやすいのです。ネガティブ情報が多くなりがちな2chで評価されていることは、投資顧問業を営む会社として大きなプラスとなります。
PLUSSO自体やVIP投資顧問が、同業他社と比較しても信頼のおけるサービスを提供しているかどうかは、実際に利用してみないと見えにくいところがあります。

PLUSSOと他の投資顧問との違いとは何か

PLUSSO自体のwebサイトはコーポレートサイトであるためサービスコンテンツ等の設置がないのは当然のことですが、VIP投資顧問のサイトにおいては、ユーザーが情報を探しやすいよう直観的な操作がしやすいデザインとなっています。
また提供サービスには無料と有料がありますが、無料コンテンツを使った情報提供、無料の銘柄相談などを行っているため、まずはそれらの無料サービスで投資顧問会社としての質を見極める必要もあるでしょう。また、VIP投資顧問は登録するとサービスPTが付与されるため、この点はほかの投資顧問会社との違いと言えそうです。
元日興証券の支店長を務めた代表や、専属アナリストが執筆したコンテンツは、投資家にっとては目からうろこの情報が盛りだくさん。また「早耳情報局」では、旬なテーマ株情報が即座に配信されます。
株式投資の世界では、投資家の9割以上が損失を出すと言われています。このような厳しい世界で勝ち残るためには、PLUSSOのように他社と違いのあるサービスを提供している企業に注目する必要があると考えられます。
PLUSSOが運営するVIP投資顧問では、同業他社よりも「勝つための情報」に特化し、利益を追求した実践的情報を提供するスタンスです。
このように明確な違いを打ち出していくことで、2chなどのネット掲示板でも今後の好評の広がりに大きく影響してくることは言うまでもありません。
また、PLUSSO公式サイトでは、経営理念として「投資家個人の夢を叶える」ことを掲げています。
実践的な内容で他社との違いをアピールしつつ、根本的な理念も忘れないスタイルが、ネットユーザーからの信頼を勝ち得ている理由となるでしょう。

投資顧問会社に詐欺業者がいるって本当?

<p>投資顧問会社に詐欺業者がいるのか疑問に思う男性</p>非常に残念なことですが、投資顧問業を営む業者の中には詐欺業者も存在しているのです。
ベテランの投資家であれば、詐欺業者の噂を耳にしたこともあるでしょう。これはインターネットが発達する以前から、一定数存在すると言われています。
PLUSSOのように合法かつ優良なサービスを提供する業者もあれば、偽の情報や誇大広告で詐欺的な罠を仕掛ける業者もおり、まさに玉石混交の業界です。
詐欺業者を見分ける最も簡単な方法のひとつは、「金商番号」の記載がされているか否かです。まずは公式サイトや広告媒体に金商番号が記載されているかを確認してみる必要があります。
この番号がなければ、無登録で営業している詐欺業者の可能性が高まります。また、PLUSSOのような正規業者の名前を騙ったり、架空の業者名で営業をかけたりといった行動も目立ちます。
場合によっては、正式な投資顧問契約を結ばずに、執拗な営業だけを仕掛けてくることもあるのです。
聞きなれない業者からの勧誘を受けた場合、まずは公式サイトの作り具合や金商番号の有無で正規の業者であることを確認した上で、取引を開始するように心がけましょう。
投資家にとって命ともいえる大切な資産を守るため、詐欺業者からの勧誘には最優先で注意を払う必要があるのです。